play log

遊んでいるゲームのプレイ記録

ドラゴンクエスト11s を今更ながらプレイした(ネタバレ)

はじめてのドラゴンクエスト

f:id:yanamu:20211016220351j:plain

今年(2021年)6月頃、ドラゴンクエスト35周年記念セールがSteamで行われていまして、パソコンでも出来るならやってみるかな~と軽い気持ちで購入しました。
2Dモードで1周、3Dモードで1周、縛りプレイで1周。計440時間もプレイしました。とても面白かった。

国民的RPGであるドラゴンクエストですが、小さい頃兄弟がプレイしているのを眺めていたくらいで(どのシリーズか不明、おっさんに庇われる虫が可哀そうだと思ったことだけ覚えている)自分でプレイするのは初めてです。
お前は勇者だったんだよ!(バーン)と唐突に旅に出される理不尽さは正直笑えるんですが嫌いじゃない。たぶん歴代ドラクエの伝統なんでしょう。意図的に伝統を踏襲した、ドラゴンクエストという作品が好きな人のために作られたゲームなんだなあと感じました。

ストーリーは全体的に良いおとぎ話です。罪を憎んで人を憎まず、勧善懲悪、よいこのどらごんくえすと。親御さんも安心。これは言い過ぎだ。
さすがに時渡り関係については大いに突っ込みたいところがあるものの、文章にするのが面倒なのでさておき……。

音楽が大変素晴らしかったです。調べたら過去作の流用も多いようだけど、それを踏まえたとしても。愛のこもれびは名曲ですね。
そしてキャラクターが良い。まず戦闘面でバランスがよく捨てキャラがいないということ。そして仲間内で衝突することもなく、誰も裏切らず、皆善良で、一番年下(?)である主人公にやさしい。ストレスフリー。これが令和のRPGか……。(無印ドラクエ11発売は平成29年です)

縛りプレイ「すべての敵が強い」

Steamで購入できるのは無印(2017年発売)ではなく、Swich版(2019年発売)。 公式でゲーム開始時に設定できる縛りがあったので3周目、以下の条件でプレイしました。

・縛りプレイ「すべての敵が強い」
・縛りプレイ「楽な戦いは経験値なし」
・種は不使用
・ボス戦は味方が全員生存している状態で敵を撃破

プレイ時にメモしていた戦闘記録
すべての敵が強いメモ(ゲーム開始~命の大樹)
すべての敵が強いメモ(命の大樹後~エンディング)
すべての敵が強いメモ(エンディング後の世界)

「楽な戦いは経験値なし」はプレイしていてネックになる部分が特になかったんですが(レベル99にするのに時間がかかるくらい)、「すべての敵が強い」は縛りの有無で全くゲーム性が違ってきます。
デフォルトがこの難易度で良かったんじゃないかな……というか自分が最初からこの難易度で遊べていたら、きっともっと楽しめたのに損をした、と感じる。
通常プレイでは日の目を見ない魔法や特技、装備が多すぎるんだよなあ。

コマンド「なかま」会話集

ストーリー本筋ではなく、寄り道した時の会話を集めました。
※誤字脱字があったら公式ではなく自分のせいです
※本筋会話か寄り道会話かの区別は自己判断
※会話回収は雑なのできっと抜けがある
※大樹崩壊後は時系列がバラバラ
※ヨッチ村と過ぎ去りし時を求めた後は気力不足で文字起こししていない。気が向いたら追加するかも

寄り道なかま会話集1(カミュ同行後~出航)
寄り道なかま会話集2(グロッタ~命の大樹)
寄り道なかま会話集3(崩壊後~出航)
寄り道なかま会話集4(出港~クレイモラン到着)
寄り道なかま会話集5(ラムダ到着~天空魔城)
寄り道なかま会話集6(エンディング後~忘れられた塔に行く前)
寄り道なかま会話集7(忘れられた塔関連)

番外・会話の宝庫メダル女学園
寄り道なかま会話集 番外(メダル女学園)

番外・ストーリー本筋ですがイベントをこなす時期によって同行キャラクターが様々なので全キャラ分の会話
寄り道なかま会話集 番外(勇者の星イベント関係)
寄り道なかま会話集 番外(ホムスビ山地・ホムラの里方面)

▲上に戻る